5期目を目指す政策

前川 おさむの5期目を目指す政策(マニフェスト)
これまでの取り組み

議会の活性化のために
熊本県行政の基本的な計画を議決事項とする条例の起案や
議会のインターネット中継の実現に取り組む。

元気な熊本づくりのために
水とみどりの森づくり税の創設や産廃税の創設。また障害者自立支援法の改善や
少子化対策、こども療育センターの建設、川辺川問題、水俣病問題等に取り組む。

元気な菊池市づくりのために
産廃問題の解決への取り組みをはじめ、市街地活性化対策、農業基盤の整備
急傾斜地対策、国道325号の四車線化や歩道の設置等幹線国県道の整備
河川環境整備等々に取り組む。
そして今・・・

人、自然、歴史、文化を活かした

元気な「新生菊池市」を創造します。
5期目に目指す取り組み

老若男女みんな元気に暮らせる、平等な福祉社会の創造
少子高齢化社会の中で、福祉・年金・医療等の制度整備。
障害者自立支援法の更なる改善や第3子以降の三歳未満児の保育料の完全無料化
(同時入所の要件をなくします)
こども療育問題、救急医療体制の充実、高齢者の社会参加等の促進を計ります。
教育再生と地域文化の掘り起こしで、元気な情報発信都市の創造
地域で育む教育環境づくり、ふるい歴史と文化を顕彰し「菊池らしさ」をまちづくりに活かします。
特に国指定史跡「鞠智城跡」の国営公園化を目指します。
商工観光業の振興、企業誘致の推進で元気な地域経済の創造
街の元気が菊池の元気です。国道325号四車線化新規工区の早期着手を目指します。
無担保・保証人不要の熊本県CLO融資等で地場産業を応援します。
くまもと臨空テクノパークに指定された旭志川辺や、田島、蘇崎・林原の各工業団地への
企業立地を推進します。
農林業の推進で元気な環境都市の創造
日本の農林業の大転換期です。
農業の新しい制度を現場にあった制度に見直し、担い手育成や集落営農を推進します。
中山間地帯に環境保全型農業制度の導入を計ります。
林業の新生産システムで林業流通システムの再構築を目指し新しい林業を創造します。
未来のために・・・がんばれ菊池!

投稿者プロフィール

Osamu Maekawa
Osamu Maekawa
皆様の力強いご支援のおかげをもちまして、8期目の当選を果たす事が出来ました。心より感謝と御礼を申し上げます。初心を忘れる事なく、県民・市民のため、しっかりと働いて参ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です